公正証書遺言とは?

公正証書遺言とは、公証役場で作成する遺言です。

公務員である公証人の面前で、遺言の内容を話し、それに基づいて公証人が遺言者の真意を正確にまとめて公正証書遺言として作成します。

公証人には守秘義務があり、確実に秘密を守ることができます。

公正証書遺言のメリット

1.安全確実に遺言をのこせる。

遺言の内容を公証人が作成するため、間違いのない安全確実な遺言をのこすことができます。

2.迅速な遺言の実行が可能。

公正証書遺言は家庭裁判所で検認の手続きを経る必要がないため、相続開始後、速やかに遺言の内容を実現することができます。

3.遺言を安全に保管できます。

原本を公証役場に保管するため、遺言書が破棄されたり隠蔽改ざんされる心配がありません。

公正証書遺言のデメリット

1.財産額により費用がかかる。

公正証書遺言の作成費用は、財産額に対応する形で公証人へ支払う手数料がかかります。

2.すぐに修正できない。

遺言内容を変更したい場合、再度公証役場にて手続きを行う必要があります。

公正証書遺言の作成の手続きの流れ

1.お問い合わせ。

メールまたは電話にて遺言書作成についてのお問い合わせをいただきます。初回面談の日時を設定させていただきます。

2.初回相談

現在のご状況、遺言書の内容に関するご希望を伺います。疑問やお悩みもお気軽にご相談ください。

3.相続人・財産に関する調査

戸籍関係書類を取り寄せ、相続人を調査致します。また、遺言書に記載するために不動産関係書類を取得し不動産調査も行います。

4.公正証書遺言の原案作成

ご意見と調査を元に公正証書遺言の原案を作成致します。

5.公証役場での作成手続き

公証役場にて公証人と打ち合わせを行い、公正証書遺言を作成、手続きを行います。