自筆証書遺言とは?

遺言者が自ら遺言の内容、日付、氏名を書き署名の下に押印することにより作成する遺言です。

自筆証書遺言のメリット

1.急いで遺言書を作成できます。

公証役場での手続きが不要なため、早く作成することができます。

2.遺言書の修正が簡単にできます。

遺言書の内容を変更する際、手続きなく書き直すことができます。

3.公証役場への手数料がかかりません。

公証役場へ支払う手数料が発生しないため、費用をおさえることができます。

自筆証書遺言のデメリット

1.法律的に見て不備がある場合は無効

内容が厳格なため法律的に不備があるとみなされ無効として扱われる危険があります。

2.他人が破棄、改ざんを行う危険

自筆証書遺言を発見した他人が不利な内容を破棄、改ざんするなどの危険があります。

3.家庭裁判所での検認手続きが必要。

遺言書を発見した人が必ず家庭裁判所に持参し、相続人全員に対してその旨を通知する必要があります。

4.ご自身による自書である必要があります。

病気等のため自書が困難な場合、自筆証書遺言をすることができません。

自筆証書遺言の作成の手続きの流れ

1.お問い合わせ。

メールまたは電話にて遺言書作成についてのお問い合わせをいただきます。初回面談の日時を設定させていただきます。

初回相談

現在のご状況、遺言書の内容に関するご希望を伺います。疑問やお悩みもお気軽にご相談ください。

3.相続人・財産に関する調査

戸籍関係書類を取り寄せ、相続人を調査致します。また、遺言書に記載するために不動産関係書類を取得し不動産調査も行います。

4.自筆証書遺言の原案作成

ご希望と調査を元に自筆証書遺言の原案を作成致します。

5.自筆証書遺言の作成

行政書士も立ち合い自筆にて遺言書を作成していただきます。